マラソン向けサプリ:アミノ酸(BCAA)商品の徹底比較

マラソンにおけるアミノ酸(BCAA)サプリの必要性

まず初めに・・・【各製品レーダーチャート一覧表】
クリックで拡大します。
↓↓↓↓

 

マラソンにおいて、なぜBCAAを補給することが重要なのか?そもそも、サプリメントでわざわざBCAAを摂取する目的は・・・?

 

それは・・・おおまかに述べると以下の通り。

 

そんなことはいいから、はやくオススメや比較結果を教えて欲しいという方は
コチラをクリックでジャンプ。

 

もっとせっかちな方はコチラをクリックで結論へジャンプ。

 

まず、BCAAとは「バリン・ロイシン・イソロイシン」の3つのアミノ酸をまとめた総称です。
BCAAの3種のアミノ酸は、全て必須アミノ酸であり体内で合成することはできません。よって外部からの摂取が重要です。

 

そして、ポイントを箇条書きでまとめると、

  • 筋肉の構成しているアミノ酸の内、40%がBCAA成分
  • 筋肉を分解すると、BCAAを取り出すことができる
  • BCAAは分解される過程でエネルギーを取り出すことができる
  • つまり、筋肉を分解すればエネルギーを取り出すことができる。

 

失速と筋疲労の関係は

  • マラソンなどの持久運動では、筋肉を分解しながらエネルギーを取り出している。
  • レース後半、筋肉分解が進むと足の疲労が限界を迎える
  • 限界を迎えた脚は、重くなり失速へ一直線

 

上記がよくある失速パターン。
しかし、BCAAをサプリメントで摂取しておくと、約30分程度で血中に吸収され、

  • BCAAは血液中に溶け込み、遊離した状態で存在する。
  • この場合、血中のBCAAが優先的にエネルギーとして使用され、筋肉分解は抑制される。
  • すると、筋疲労を抑制することができ、後半の失速対策となる。

 

以上の内容をまとめると以下の通り。


BCAAサプリを摂取し、血中のBCAA濃度を高めておくことは、フルマラソン後半における失速対策として有効である。

 

アミノ酸サプリの選び方

既に述べたように、最も重要視すべきはBCAAの配合量です!
そして、他の評価項目として以下5項目を採用しました。

  •  価格:当然重視する項目
  •  味:レースを想定する場合、疲れた体にマズイ味は正直キツイ・・・。
  •  携帯性:重たいサプリはできれば避けたい。
  •  開封しやすさ:くレース想定、夏場のウェットコンディションや冬場のかじかんだ手でも開封しやすいか判定
  •  コスパ:BCAA1000mgあたりの価格を算出し比較できるようにした。

 

アミノ酸サプリ比較一覧表

海外製品・国内製品を横断検索し、私が探した限り以下「11商品」を見つけることができました。それぞれ管理人が使用したレビュー・評価を記載しています(管理人未使用サプリは、口コミ評判を記載)

 

各製品、クリック・タップで詳細にジャンプします。

 

【アミノ酸サプリ一覧表】

番号

商品名

BCAA

価格

携帯性

開封性

コスパ

総合

1

アミノバイタル

2

5

5

5

2

3

B(22点)

2

アミノバイタル・プロ

2

3

3

5

2

2

D(17点)

3

アミノバイタル・ゴールド

3

2

3

5

2

3

C(18点)

4

アミノサウルス

4

4

5

5

4

5

S(27点)

5

メダリスト・アミノダイレクト5500

3

1

1

5

5

1

D(16点)

6

シトリック アミノアルティメイト エボリューション

4

1

3

5

3

3

C(19点)

7

MUSASHI NI

3

2

1

5

3

3

D(17点)

8

アミノバリュー サプリメントスタイル

3

4

5

5

3

4

A(24点)

9

グリコ パワープロダクション おいしいアミノ酸 BCAA

5

2

4

5

4

5

A(25点)

10

グリコ パワープロダクション ワンセコンド・BCAA

3

1

4

1

3

1

D(13点)

11

アミノバイタル アミノショット

2

2

3

3

5

1

D(16点)

 

アミノ酸サプリ個別詳細

 

※各商品の画像クリックで、販売ページへジャンプして詳細確認が可能です。

 

1.アミノバイタル

BCAA配合量

1140mg

価格(1本あたり)

79円

アセロラフレーバーで非常に飲みやすい味

携帯しやすさ・質量

3.0g

開封しやすさ

小さめで、開封しづらい

コスパ:BCAA1g当たりの値(円)

69(円/g)

注目ポイント

アミノバイタルシリーズのエントリーモデル。お手頃価格な分、BCAAの配合量は少なめです。ビタミン類をバランス良く含んでいる。グルタミン:0.54g、アルギニン:0.52gなども多めに配合された商品。レース補給のメインには使うには、ちょっと成分が弱めなので慎重にいった方が良いと思います。リーズナブルな為、ロング走練習中の補給や、すぐに回復したい運動後に活用するのがオススメ。美味しさだけで言うと、bPかも?

総合評価

B(22点)

マラソン向けサプリ:アミノ酸(BCAA)商品の徹底比較

 

2.アミノバイタル・プロ

BCAA配合量

1330mg

価格(1本あたり)

126円

後味は苦いカルピスのような風味

携帯しやすさ・質量

4.5g

開封しやすさ

小さめで、開封しづらい

コスパ:BCAA1g当たりの値(円)

95(円/g)

注目ポイント

マラソン向けとしては、恐らく「最も有名なアミノ酸サプリ」ではないでしょうか?賛否両論ある味ですが、管理人は口に残る独特の苦みが好きです。しかし、ランニング仲間からはあまり評価が高くないので、味の評点は「3」としました。梱包が小さく携帯性に優れる反面、横幅が小さいので開封に難あり。手の大きい人や、夏場のウェットコンディションでは開封が難しいのがネック。

BCAA配合量も多くはない。ただ、BCAA以外のアミノ酸としてグルタミン:0.65g、アルギニン:0.61g、他アミノ酸:1.01gを含んでいる為、アミノ酸の総合商社のような位置づけの商品。BCAA特化型ではない。

総合評価

D(17点)

マラソン向けサプリ:アミノ酸(BCAA)商品の徹底比較

3.アミノバイタル・ゴールド

BCAA配合量

2400mg

価格(1本あたり)

164円

下位モデルのアミノバイタル・プロよりも美味しいと評判

携帯しやすさ・質量

4.7g

開封しやすさ

小さめでやや開けづらい

コスパ:BCAA1g当たりの値(円)

68(円/g)

注目ポイント

アミノバイタルシリーズの最上位モデル。BCAAは2400mgとまずまずの配合量。BCAAの内「ロイシン」配合量に特化していて1600mgと高配合されているのもポイント。必須アミノ酸配合量が4000mgを超えるサプリメントはレアだと思います。運動中の補給に使うよりも、運動後の回復に摂取するのがオススメ

総合評価

C(18点)

マラソン向けサプリ:アミノ酸(BCAA)商品の徹底比較

4.アミノサウルス

マラソン向けサプリ:アミノ酸(BCAA)商品の徹底比較

BCAA配合量

3000mg

価格(1本あたり)

114円

BCAAサプリにしては珍しく「甘め」のパイナップル風味。万人受けする味でとにかく美味いのが特徴。

携帯しやすさ・質量

5.0g

開封しやすさ

横幅が十分あるので開けやすい。

コスパ:BCAA1g当たりの値(円)

38(円/g)

注目ポイント

「マラソン向け最強サプリ」の登場。ランニング向けのアミノ酸サプリの中では後発組ながら、BCAA配合量、価格、味、携帯性、開封しやすさ、コスパ、全ての項目において高評価できる。3000mgもBCAAを配合しつつ、1個あたり114円という驚異的なコスパを実現。ネットでの販促活動を主としており、大手メーカーよりも大幅に広告費を抑制することで、販売価格を抑えることで高コスパを実現している。

知る人ぞ知る隠れた超高コスパ商品。1点だけマイナスポイントは、口の中で若干パサつき溶けにくいこと。なんとか水なしでも摂取可能なレベル。

総合評価

S(27点)

マラソン向けサプリ:アミノ酸(BCAA)商品の徹底比較

5.メダリスト・アミノダイレクト5500

BCAA配合量

2088mg

価格(1本あたり)

216円

味自体は、「栄養ドリンク風味」でまずまず美味いのですが・・・。

携帯しやすさ・質量

7.0g

開封しやすさ

袋が大きめかつ丈夫で、開封性はかなり優れている

コスパ:BCAA1g当たりの値(円)

103(円/g)

注目ポイント

メーカーには申し訳ないですが、管理人はこの商品苦手です。「粉」というよりも「粒」に近い。何というか、「砂利」を食べているような、口の中でジャリジャリする感覚が苦手。

BCAAは約2000mgでまずまずですが、その他成分は非常に優秀です。グルタミン:500mg、アルギニン:500mg、シトルリン:500mg、クエン酸:2000mg 運動に重要なアミノ酸をバランスよく含んでおり、ビタミンやミネラルも!ジャリジャリ感が苦手ではない人はいいかも。
ただ、水に溶かして飲むとかなりオイシイのです!!でも、それだったら溶かして飲むタイプの商品を最初から買えばいいじゃんということに。
↓この商品

スーパーメダリスト 9000 顆粒 500mL用(11g*8袋入)【メダリスト】【送料無料】

総合評価

D(16点)

マラソン向けサプリ:アミノ酸(BCAA)商品の徹底比較

 

6.シトリック アミノアルティメイト エボリューション

BCAA配合量

3160mg

価格(1本あたり)

209円

クエン酸を含んでいるからか、かなり酸っぱい。好みは分かれそう。

携帯しやすさ・質量

7.5g

開封しやすさ

細めで若干開封に難あり

コスパ:BCAA1g当たりの値(円)

66(円/g)

注目ポイント

BCAA配合量3160mgとかなり優秀!!!さらにクエン酸2016mg配合は見逃せないポイント。粒が細かく油断すると喉の奥まで行ってしまう。むせる可能性があるので注意が必要。成分としてはかなり優秀ですが、ちょっとお値段が高いのがネック。

総合評価

C(19点)

マラソン向けサプリ:アミノ酸(BCAA)商品の徹底比較

7.MUSASHI NI

マラソン向けサプリ:アミノ酸(BCAA)商品の徹底比較

BCAA配合量

不明(仮評価3)

価格(1本あたり)

151円

味に難あり。美味しくないというレビュー多し。

携帯しやすさ・質量

3.0g

開封しやすさ

小ぶりで開けにくい

コスパ:BCAA1g当たりの値(円)

不明(仮評価3)

注目ポイント

レビュー待ち

総合評価

D(17点)

マラソン向けサプリ:アミノ酸(BCAA)商品の徹底比較

8.アミノバリュー サプリメントスタイル

BCAA配合量

2000mg

価格(1本あたり)

106円

グレープフルーツ味で味は文句なし。BCAAサプリによくある「後味の苦味」も無い。

携帯しやすさ・質量

4.5g

開封しやすさ

まずまず開けやすい

コスパ:BCAA1g当たりの値(円)

53(円/g)

注目ポイント

BCAA配合量は2000mgと多くはないが、意外にもバランスの取れた商品。大塚製薬が発売し、ブランド力はあるのですがランナーの間ではイマイチの知名度で、愛用している人は少ない印象です。

低価格ながらコスパに優れているので、穴場の商品です。アルギニン500mgを配合しているのもプラスポイント。味はかなり美味しく、アミノバリューのスポーツドリンクの味をそのままに顆粒状にした風味です。水なしでも十分摂取可能なのも加点ポイント

総合評価

A(24点)

マラソン向けサプリ:アミノ酸(BCAA)商品の徹底比較

9.グリコ パワープロダクション おいしいアミノ酸 BCAA

BCAA配合量

4000mg

価格(1本あたり)

194円

味はBCAAサプリの中でかなり良いと評判。しかし口コミでは、味は賛否両論あり。

携帯しやすさ・質量

4.4g

開封しやすさ

大きめでまずまず開けやすい

コスパ:BCAA1g当たりの値(円)

49(円/g)

注目ポイント

グリコから、大穴の登場!!なんとBCAA配合量が4000mg!私の知る限り、顆粒タイプではBCAA配合量が最大です。バリン:ロイシン:イソロイシンを1:2:1の割合で配合し、BCAAに特化した商品です。

有名メーカーにも関わらず、なぜか知名度はかなり低く愛用者も少ないです。(管理人も知りませんでした)位置づけ的には、「老舗の隠れた実力者」といったところでしょうか。ただ、お値段は安くは無いので、品質重視の方にオススメです。

総合評価

A(25点)

マラソン向けサプリ:アミノ酸(BCAA)商品の徹底比較

 

10.グリコ パワープロダクション ワンセコンド・BCAA

BCAA配合量

2000mg

価格(1本あたり)

236円

すっきりとしたグレープフルーツ風味。

携帯しやすさ・質量

72g

開封しやすさ

キャップタイプで開封は容易。手が滑る場合、キャップ部分を歯で噛んで本体を回すと簡単に開けられます。

コスパ:BCAA1g当たりの値(円)

118(円/g)

注目ポイント

ジェルタイプのBCAA飲料。1本にBCAA2000mgを配合し、クエン酸も780mg配合。顆粒状に比べ、重量があるのでレース本番用の持ち運びには適していません。練習時の途中補給やレース前の補給に使用するのが賢い使い方です。

総合評価

D(13点)

マラソン向けサプリ:アミノ酸(BCAA)商品の徹底比較

 

11.アミノバイタル アミノショット

BCAA配合量

1630mg

価格(1本あたり)

178円

水なしで飲めるゼリータイプ。味についてはこれまた賛否両論あり。管理人はマズイとは思いません。

携帯しやすさ・質量

43g

開封しやすさ

非常に開封しやすい。切り口が本体と離れない構造になっているので、ゴミを散らかす心配も無い。

コスパ:BCAA1g当たりの値(円)

109(円/g)

注目ポイント

「ゼリー状+非キャップタイプ+アミノ酸系」の数少ないタイプ、ある意味貴重な存在。ただ、BCAA配合量は少なめで、かといってゼリータイプだから高エネルギーなわけでもなく、ちょっと中途半端な商品になった感じが否めません。開封性に関しては非常に良くできており◎。味は、薬臭いというレビューもあり

総合評価

D(16点)

マラソン向けサプリ:アミノ酸(BCAA)商品の徹底比較

で、結局どれを選べばいいの・・・?

マラソンで実際に使用すればいい糖質サプリはどれ??たくさんあって、結局どれを購入すればいい??

 

そんな方のために、タイプ別に4つの選択肢を用意しました↓

コスパ含め全部重視の欲張りな人:
 アミノサウルス

 

とにかくBCAA特化商品が欲しい:
 グリコ パワープロダクション おいしいアミノ酸 BCAA

 

なるべく安くまずまずの商品が欲しい人:
 アミノバリュー サプリメントスタイル

 

BCAA以外の成分も重視したい人:
 メダリスト・アミノダイレクト5500

 

【各製品レーダーチャート一覧表】
クリックで拡大します。